BLOG
2020.10.25

アルカリカラーについて

 

通常カラー剤として用いられるファッションカラー(おしゃれ染め)や白髪染めのことを指します

ファッションカラーや白髪染めのことです

 

アルカリ性カラーとは、通常カラー剤として用いられるファッションカラー(おしゃれ染め)や白髪染めのことを指します(一方で、アルカリと逆の酸性カラーと呼ばれるのがヘアマニキュアです)

 

原則としてアルカリ性カラーは、髪をリフトアップ(脱色して明度を上げること)をしながら色味を入れます。そのためアルカリ性カラーを使う場合は、どんな色味を選択した場合でも必ず髪にダメージが生じます、

髪を明るくするということは、(髪内部のタンパク質やメラニン色素を破壊しながら“明るくしていく)

ことに他なりません

髪を明るくすればするほど、比例して髪への負担やダメージは大きくなります

そのため、アルカリ性カラーで染める場合は髪への負担やダメージを避けることはできません

一方で、酸性カラーのヘアマニキュアはあくまで髪の表面をコーティングする薬剤。髪の内部に浸透させて作用させるものではないため、ダメージは全くありません。髪を傷めずカラーを入れることができます。

例えばアルカリ性カラーは、酸性カラーと比較して色味の幅はかなり広がります

色を明るくしながら染めることができるため選択できる色味も豊富です。

よりお客様の狙った色味で仕上げることができます

実際、アルカリ性カラーのファッションカラー(おしゃれ染め)や白髪染めを使って髪を染めら方が多いかと思います。

これは色味の幅が広いことがその大きな理由です

一方で、髪への負担やダメージがない酸性カラーのヘアマニキュアは色味の幅がアルカリ性カラーほど多くありません。

 

原則としてヘアマニキュアは、明るい地毛や明るい白髪に対して色を入れながら暗いトーンにすること、落ち着かせることがメインのカラー剤です。

反対に色を明るくしていくことはできないため、色味の選択肢もある程度限られてしまいますが、
当店では、酸性カラーでも色味を多数揃えておりますのでどんなカラーにしたいか相談して1番良い方法で綺麗なヘアスタイルにしていきましょう。