BLOG
2021.9.2

ストレートパーマとカラーを同日にできるのか?!

こんにちは( ¨̮ )︎︎♡

本日は
『ストレートパーマとカラーリングは同日にできるのか』
をテーマに
・同日に行うとダメージが大きい理由
・酸性ストレートとカラー
の2項目に分けて紹介していきます!


〈同日に行うとダメージが大きい理由〉


カラーリングもパーマは単体での施術ではブリーチや縮毛矯正に比べてダメージが少ないですが
同日施術で行うとかなりのダメージになります。

カラーリングとパーマの違いとしては髪の「外側」に傷がでるのか「内側」に傷がでるのかです。

なので、カラーリングとパーマを同日に施術してしまうと髪の外側も内側も傷がつきかなりのダメージになってしまいます。


縮毛矯正とカラーを同日に行った日には髪がチリチリになってしまう事も少なくないでしょう(´・ ・`)


〈酸性ストレートとカラー〉
上記でご紹介した通り、パーマ+カラーや縮毛矯正+カラーの施術はかなりのダメージがでて、よく言う「失敗」に繋がります。

そこで、酸性ストレートを使用する事で髪にストレスを加える事なく癖を伸ばせるのです‼︎

こちらの写真は、前髪のポイントストレートと全体カラーリングをさせて頂いたお客様です。

実際に前髪は酸性ストレートで癖を伸ばしきり、カラーリングもしっかり入っています。

なぜ同日施術が可能なのか…
・一般的なストレートや縮毛矯正では髪の毛の癖を断ち切り垂直に繋げ直すイメージです。

・酸性ストレートでは、癖のある髪内部に橋をかける様に癖を真っ直ぐに支えるイメージです。


酸性ストレートは癖を伸ばすのに必要な部分だけに薬が使用し癖を支え、なおかつ髪の毛の性質である弱酸性と同じ酸性領域の薬剤使用のため、
アルカリカラー剤と同日施術しても髪の毛がチリチリになることを防げます。

#サンベイス#サンベイス代官山#代官山美容室#代官山美容院#代官山美容院求人#代官山美容室求人#エシカル#エシカル大塚#大塚美容室#大塚美容院#大塚美容院求人#大塚美容室求人#ベルジュバンス#ベルジュバンス正規取扱店#復元ドライヤー#復元ドライヤー取扱店#コタ#タマリス#アローブ#cota#再生美容#髪質改善#ツヤ髪#酸性ストレート#弱酸性ストレート#ストレートパーマ#酸性縮毛矯正